unfinished

いつまで途中なんだろ〜
LINKS
PROFILE
SERCH
OTHERS
<< まず自分が・・・ | main | 意外な共通点 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

│ スポンサードリンク │ - │
│ | - | - │
対岸の彼女
角田 光代
文藝春秋
後味が…
人生の彩り
読んでよかった。

6月25日

最近なんでだかわかんないけど

本ばっかり読んでます

最近のブームは 本を読むことと 
女性の悩み掲示板を読んだり 書き込んだりすること
それから 昔 気に入って買ったCDを聴くことです



これは ずっと前から読みたかったんだけど 買うほどではないし
図書館ではいつも 貸し出し中だし・・・で やっと読めました

読み始めたら 止まらなくなって徹夜してしまった(笑)

結構厚くて フォントも小さいのです^_^;

サスペンスではないし 犯人が誰かわかるまで眠れない!!
っていう類の本ではないのに なぜか 止められなかった

特別大きな事件が柱になっているわけでもなく
ひとことで言うと 女性の生き方と友情の話です

恋愛関係もほとんど出てこない

だけど おもしろかった

分析したくないけど 理由とつけるとしたら
「身近だから」??

どこにでもいるような 主婦と
どこにでもいるような キャリアウーマン

同い年の二人

淡々と進むだけに かえって生々しくもあり リアルです

最後「んで?」って感じで終わりますが
それこそが 大人の終わり方って感じ

人生の結果なんて きっと死ぬときまでわからないのです

でも 物語の初めと終わりでは 確実に変わっている主人公の姿がありました

人が本当に変わるのって こういうカンジなのかもって思いました

思いっきり女性向けの本だと思いますが 
幅広い方が共感して 楽しめるお話だと思います

ゆぴぴ
08:35 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
│ スポンサードリンク │ - │
08:35 | - | - │









http://ruten.jugem.jp/trackback/618
CALENDAR
S
M
T
W
T
F
S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
RECENT ENTRIES
COMMENTS
CTEGORIES
ARCHIVES
Copyright (C) 2005 paperboy&co. All Rights Reserved.
Designed by deepforest at deepforest's room.